薄毛の救世主「ミノキシジル」の特徴と効果

ミノキシジルは育毛剤の主成分として知られていますが、育毛剤として開発された薬剤ではありませんでした。

ミノキシジルは当初、別の薬として開発され、その後に育毛効果があることが発見されたため、育毛剤として販売されるようになりました。

 

ミノキシジルが持っている2つの機能

ミノキシジルは血圧降下剤

ミノキシジルは、1960年台にアメリカで血圧降下剤として開発され、高血圧の経口薬として販売されました。

ミノキシジルは血管を拡張する効果があり、そのため高血圧が低下するメカニズムになっています。

血管が拡張されると血行がよくなり、予期せぬ副作用として毛母細胞につながる毛細血管も拡張し、これも血行が良くなったため、育毛効果が生じたのでした。

なお、ミノキシジルは血圧降下の目的で経口薬として服用すると、副作用が強く現れることが分かったため、今日では血圧降下剤として使用されていません。

 

ミノキシジルは育毛剤

ミノキシジルは、1980年台から外用薬の育毛剤として発売されるようになります。

ミノキシジルは毛母細胞につながる毛細血管を拡張して血行を改善し、弱った毛母細胞を活性化する働きはあります。

ですが、既に死んでしまっている毛母細胞を生き返らせることはできません。

従って、薄毛状態ならフサフサした状態に戻せる可能性がありますが、完全に禿げてしまっている部分の育毛となると困難です。

ミノキシジルは血管拡張作用があるため、頭皮にかゆみを感じさせるなどの副作用を生じさせることもあります。

さらに注意点として、低血圧の人や血液循環器系の疾患を抱えている人はミノキシジルを使用することができません。

 

ミノキシジルの血行促進が薄毛予防に繋がる

髪の毛にも栄養は必要

髪の毛はハサミなどで切っても痛みを感じないように、神経がありません。

しかし髪の毛自体ももともとは私たちの身体から成長しているものですから、健康な髪の毛を作るためにも栄養や酸素は欠かすことは出来ません。

栄養と酸素が行き届かなければ、髪の毛を作る細胞は髪の毛を作ることができなくなってしまいます。

栄養が不足してしまえば育毛自体にも大きな影響を与えてしまうでしょう。

栄養と酸素は血液に乗って身体中を巡っていますので、血行促進することが、細胞に栄養と酸素を行き届かせて育毛効果をもたらしてくれるといえるのです。

 

ミノキシジルは細い血管にも栄養や酸素が行き届く

頭皮の血行促進を促す成分として効果的だといわれているのが、ミノキシジルです。

ミノキシジルの働きは体内に吸収されることで、頭皮の血管を拡張することです。

もともとミノキシジルは血圧を下げるための薬として開発されており、その働きが血管を拡張して血圧を下げ、血管にかかる負担を軽減するというものなのです。

血管が広くなればそこを流れる血液の量は増えます。

多くの栄養や酸素が細い血管が張り巡らされている頭皮の、髪の毛を作るための細胞に行き届くようになるのです。

その結果、ミノキシジルは健康な髪の毛が生えてきやすい環境を整えることができます。

 

ミノキシジルは毛母細胞へ働きかけるから育毛効果抜群です

ミノキシジルの育毛効果を促すメカニズムとは?

ミノキシジルの育毛効果は毛母細胞に働きかけるところにあります。

育毛効果が実証されている数少ない医薬成分でもあり、もともと血管拡張剤として利用されていたため、医学的な臨床実験もなされています。

血管を拡張させて血流を促進するため、毛細血管の先まで血液がいきわたるようになり、栄養不足だった髪も元気になるのです。

毛母細胞の分裂スピードを促進させる効果があるため、細胞分裂が活性化されて新しい髪が生え、髪の毛のターンオーバーが正常化されるようになり、健康で元気な髪の毛が生えてきて髪全体がボリュームアップします。

 

内用薬と外用薬はどちらが効果が高い?

ミノキシジルは毛母細胞の細胞分裂を促し、育毛効果を発揮してくれます。

AGA治療でも育毛効果を期待して利用されている薬で、外用薬と内服薬がありますが、日本では内服薬の利用が認められていません。

外用薬では育毛剤として利用されており、国内の医療機関では内服薬としてタブレットを処方しているところもあります。

個人輸入などを利用して購入することもできます。

外用薬として頭皮に塗るだけでも血管が拡張され、内服薬は体全体の血管が拡張し、血流が増えます。

毛が生えていなかった毛母細胞を刺激するので髪を太く健康的に成長させることができるのです。

髪を成長させるだけでなくアデノシンを分泌して毛乳頭からの成長因子を増やし、ダメージを受けた毛細血管も修復し頭皮環境を良好にします。

内服薬は効果も高いですが副作用のおそれがあり、外用薬と内服薬を併用する場合には血圧が低下することも懸念されています。

ミノキシジルを使用する場合には医師に相談してからがおすすめです。

 

効果の違う二つの薬で効果的に育毛する

ミノキシジルとプロペシアはどのように作用するのか

ミノキシジルプロペシアは高い育毛効果で注目されている薬ですが、育毛のメカニズムは全く違います。

ミノキシジルは血管の拡張作用によって頭部の血行を良くし、毛髪に充分な栄養を行き渡らせることで、太くて強い髪を育てるといった養毛効果があります。

一方、プロペシアは5aリダクターゼという物質に作用します。

男性ホルモンのテストステロンが髪の毛の成長を阻害するジヒドロテストステロンに変化することを抑制することで、抜け毛を予防して髪の毛の成長サイクルを元に戻すのです。

つまり、プロペシアは抜け毛防止ミノキシジル養毛という、それぞれ違った目的を持っています。

 

ミノキシジルとプロペシアは併用できる

上述のように、ミノキシジルとプロペシアは育毛に対し異なったアプローチをしており、お互いの薬効を弱めたり、逆に強めたりするといった干渉をしないので併用が可能です。

育毛サイクルを改善して抜け毛を予防しつつ、太くて丈夫な髪の毛を育てることで、高い育毛効果が期待できます。

但し、ミノキシジルは薬液使用箇所のかぶれや動悸、頭痛といった副作用がでる場合があり、プロペシアも性欲減退や血管浮腫といった副作用がでるケースです。

ミノキシジルとプロペシアを併用することでいずれかの症状がでる可能性もあるため、医師に相談のうえ併用するよう心掛けましょう。

 

体の中と外からのダブルアプローチ

薄毛の原因

男性の薄毛の原因のほとんどを占めているのがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

AGAは男性ホルモンが5αリダクターゼという還元酵素の働きによって抜け毛を引き起こす強力な形に変化することで引き起こされる脱毛症です。

男性ホルモンそのものが原因なのではなく、5αリダクターゼによって変化させてしまうことが原因なので、還元酵素の働きを阻害するプロペシアを飲むことで対策をすることが出来ます。

AGAはヘアサイクルの乱れを引き起こすことで抜け毛を増加させるのですが、プロペシアを飲むことでヘアサイクルが正常に整うので抜け毛も正常になるということです。

 

ミノキシジルとプロペシアで中と外から育毛

AGA対策はプロペシアでも効果が期待できますが、より高い効果を早く実感するためにはプロペシアだけでなくミノキシジルを併用することが大切です。

プロペシアは飲み薬なので体の中からのアプローチになるのですが、ミノキシジルは頭皮に直接塗るタイプの外用薬です。

薬局などでも購入することが可能なミノキシジルですが、ミノキシジルは血管拡張や育毛サイクルに働きかけるタイプになります。

プロペシアによって抜け毛を防止して、ミノキシジルによって育毛を促進する形になりますので、プロペシアとミノキシジルの併用は効果が高いのです。

 

効果的な育毛剤の使用

育毛剤とは

男性の薄毛として知られているAGAは、男性ホルモンなどが原因とされています。

これらの薄毛の予防に広く用いられているものが育毛剤です。

育毛剤とは、今生えている毛を太くしつつ頭皮環境を整えて抜け毛を防ぐ作用のある薬剤のことをいいます。

成分としては男性ホルモン抑制や保湿、末梢血管拡張、殺菌などといった効果をもたらす成分がとくに含まれており、これらが髪が抜けてしまうことに対する対策方法として有効になっています。

勘違いされやすいですが、育毛剤は、頭皮環境を整えて髪が抜けにくいようにしているのであって髪が新たに生えるための薬剤ではありません。

 

育毛に効果的ミノキシジル

育毛に効果的な成分のひとつとしてミノキシジルがあります。

これはもとは血管拡張剤として使用され、後に育毛に効果があるとして育毛剤や発毛剤に使用されるようになりました。

血管を拡張させて頭皮にまで栄養が届くようになるために育毛に効果が出るようになります。

ミノキシジルが含まれている育毛剤は発毛効果も見込めます。

これらの成分が含まれている育毛剤ですが、正しい使い方をしなければ効果が発揮されません。

育毛剤や発毛剤をただ頭皮に塗るのではなく、シャンプーなどで頭皮環境を清潔に保たなければ、ミノキシジルの育毛効果は薄れ薄毛の予防にもなりません。

 

髪の毛を新たにはやす育毛剤

育毛剤と発毛剤

薄毛に対する対策方法として、薬局などでは育毛剤や発毛剤などがあります。

厳密にはこのふたつは効果が異なり、育毛剤とは今ある毛を育てることに特化している薬であり、発毛剤は新しい毛をはやすことに特化した薬ということになります。

育毛剤は髪の栄養や頭皮の血行促進を目的とした成分が含まれる一方、育毛剤には血行促進成分のほかにAGAの原因でもある男性ホルモンを抑制する成分が含まれ、刺激が強いものです。

発毛剤は、刺激が強く副作用のリスクもあり医薬品として分類されることも多いです。

育毛剤も発毛剤も、いずれにおいても薄毛の対策や薄毛の予防となる薬剤であることは確かです。

 

薄毛に効果抜群ミノキシジル

薄毛の予防となる成分として近年注目を浴びている成分が、ミノキシジルです。

ミノキシジルはもともとは血管拡張剤として使用されていましたが、後に毛効果があることが発見されて育毛剤や発毛剤に使用されるようになりました。

ミノキシジルのタブレットとして販売していることやシャンプーに含まれていることもあります。

ミノキシジルには、血管拡張作用によって血流を活発化させ、頭皮や髪の細胞へと栄養が行きわたりやすくなる効果があります。

そのことによって毛穴が刺激され活性化し、育毛が促されて新たな髪が作られるので、ミノキシジルにはAGAに効果があるのです。

 

頭皮にも最適なスカルプシャンプー

スカルプシャンプーとは

シャンプーとは、従来髪の汚れを落とし、髪質きれいにするための薬剤であるとされてきました。

近年に入ってAGAなどといった薄毛症状に悩む人々に向けて薄毛の予防ともなるシャンプーが生み出されたのです。

それがスカルプシャンプーであり、頭皮環境を整えることを考えてつくられているので薄毛の対策方法として多くの人々が利用しています。

従来の髪質を美しくすることを基準としたシャンプーは、洗浄力が高く皮脂を落としすぎてしまうなどのデメリットがあります。

ですが、スカルプシャンプーは皮脂を落としすぎず健全な状態に保つことができます。

 

育毛成分が含まれているものも

頭皮環境を整えることで薄毛の対策としているスカルプシャンプーですが、なかにはそれだけにとどまらず、育毛という観点も加えてつくられているスカルプシャンプーもあります。

血管拡張薬として発見された成分であるミノキシジルは後に育毛作用があることが発見された成分です。

血管拡張作用により血流が活発になり頭皮や髪の細胞へと栄養成分が行き届くようになるのですが、かつてはタブレットや育毛剤として利用されていました。

この育毛作用のあるミノキシジルをスカルプシャンプーの中に組み込んだシャンプーが近年発売され、育毛効果のあるシャンプーとして手間がかからないこともあり人気を得ています。

 

ミノキシジルを使って髪に優しい薄毛の対策

植毛・増毛・かつら

AGAなどによる薄毛に悩まされていると、対策方法として植毛・増毛・かつらを選ぶ人が多くいますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

かつらは、簡単に着用できますが、薄毛の進行を進めるうえに、作り直さなければならないこともあります。

植毛は、頭皮に毛髪を植え込む施術で、抜けてもまた生えてきますが、外科手術なので頭皮に傷ができてしまい薄毛が進行する可能性もあります。

増毛とは、自分の髪に人口の毛を数本づつ結びつけたり人口毛を地肌に貼り付けたりする方法です。

即効性と耐久性があるというメリットがありますが、メンテナンスが必要なうえに毛が抜けやすくなります。

 

薄毛の対策をするなら

植毛・増毛・かつらといった方法は、髪の増量という意味では効果のある方法です。

いずれにおいても薄毛が進行する可能性があり、薄毛の予防という観点からは勧められません。

これらと同時並行して、薄毛の予防を進める必要があります。

薄毛の予防として効果があるのは、スカルプシャンプーなどの頭皮環境に優しいシャンプーでしっかりと頭を衛生的にすることや発毛効果のある成分が含まれている育毛剤や発毛剤を使用することです。

育毛効果のある成分としては血管拡張を行い頭皮へと栄養が行き渡りやすくなる効果をもたらすミノキシジルが知られています。

 

ミノキシジルとカツラをうまく利用しませんか

薄毛の治療はミノキシジルで、見た目のお洒落はかつらで

薄毛の予防と対策方法としてはかつらが手っ取り早くて便利です。

かつらを利用しながらミノキシジルでAGAの治療を継続すれば自然に髪が増量されますから、周りの人から薄毛を指摘されることがなくなります。

ミノキシジルを利用すると副作用でかゆみや赤みが出ることがあります。

ですので、敏感肌の人はかつらを作る場合にも通気性のよい、衛生的で手入れがしやすいものを選ぶことが必要です。

安いものではなく、AGAで薄毛の予防治療をしていることを伝え、頭皮環境と髪質に適したお洒落なかつらを作ってくれる専門店にオーダーすることが大切です。

敏感肌の方は特に注意が必要です。

 

かつらで望みのヘアスタイルに

かつらは薄毛の予防、対策方法として有益で、かぶるだけで理想的なヘアスタイルになれます。

広範囲に密度の濃い美しい髪をさっと作り上げることができ、やけどや抗がん剤治療で用いられている医療用のかつらもおすすめです。

生え際の部分に人工皮膚をつけているため、生え際も自然でかつらだとばれる心配がありません。

頭部の部分の裏地は網目構造になっており、メッシュタイプなので通気性が良いのが特徴です。

本物の髪の毛を使っているかつらは見た目や手触りが自然です。

人工毛かつらは合成繊維ですので本物の毛ほど自然ではありませんが、耐久性や持続性に優れています。

AGAや円形脱毛症の場合でも使われています。

ヘアスタイルやカラーの種類が豊富なのがメリットです。