ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は?使用前に確認しよう!

更新日:

ミノキシジルは育毛剤として人気も高く、多くの人に利用されています。

種類としては、外用薬と内服薬の2つがあり、それぞれ強い効果がありますが、副作用の恐れもあります。

特に内服薬のほうには副作用の報告が多くなっています。

これからミノキシジルの副作用について解説していくので、利用の参考にしてください。

ミノキシジルは効果も強いが副作用にも注意

ミノキシジルとはどんな薬?

 

ミノキシジルはもともと高血圧用の治療薬として開発されました。

血管を拡張させ、血流を促進させることによって血圧を下げる作用があるのです。

ミノキシジル効果で血流が良くなる

ところが、ミノキシジルの作用が育毛につながり、はげや脱毛症の改善にかなり役立つことが判明しました。

ただ、ミノキシジルはなぜ血管拡張作用が育毛にプラスになるのか、細かい仕組みはわかっていません。

ですが血管が広がれば、血流がよくなって、栄養分が毛根によく行き届き、毛を育成する毛包という部分の働きが活性化するためだと考えられています。

それだけに効果は大きいですが、ミノキシジルは高血圧に効く薬であっただけに、低血圧という副作用の恐れもあります。

また、ミノキシジルによって育毛効果が嵩じて多毛症になる人がいることも指摘されているのです。

ミノキシジルの副作用

降圧剤として開発された以上、ミノキシジルを使えば、普通以上に血圧が下がる低血圧のリスクはついて回ります。

現在高血圧に悩んでいる人なら、少しくらい血圧が下がっても問題がないでしょう。

ですが、通常血圧や低血圧の人はミノキシジルによって血圧が降下しすぎることがあります。

ミノキシジルによる多毛症、そして心臓への副作用

飲むタイプのタブレットに限らず、外用薬でも危険度は少し低いとはいえ発生の可能性があります。

それから、ミノキシジル多毛症にも注意が必要です。

血管拡張や血流促進作用は何も頭にだけ出るのではなく、全身に及びます。

したがって、髭、腕、わき毛、胸毛、すね毛など不必要な部分まで育毛が進んでしまうのです。

この副作用は、タブレットタイプによく見られるようですが、ミノキシジルの服用を中止すればよくなります。

もう一つ特に取り上げたいのが動機や息切れなどの心臓への副作用です。

心臓に水分がたまって起きるので、この問題の解決には利尿剤が効果的でしょう。

ミノキシジルの副作用が出やすい人

飲むタイプのタブレットは高血圧用の薬としては認められていますが、育毛剤とは見なされていません。

これはアメリカでも日本でも事情は同じです。

高血圧の人が服用すれば血圧が下がっていいのですが、普通血圧が高いと診断された人は、ほかにも降圧剤を処方されていることが多いでしょう。

高血圧の薬とミノキシジルを併せて服用→低血圧の危険

両方の相乗効果により、血圧が下がりすぎてしまう低血圧の危険が高まるのです。

もともと低血圧ならば、その恐れは一層高まります。

また、外用薬と違って、全身に作用するので多毛症のことも考えておかなくてはいけません。

特に利用者のタイプにかかわらず発症する可能性があるので、どうしても気になる人はミノキシジルの外用薬に切り替えるという手もあります。

動悸や息切れについては、外用薬で発生した例があります。

件数はそれほどありませんが、やはり高血圧低血圧の人は血管に変化が起きるので、このような症状が出るのであろうと考えられます。

 

飲む前に知っておくべきミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用で最も多いもの

AGA治療に効果がある内服薬として注目を集めているミノキシジルは外用薬として市販される事も増えています。

ですが、注意するべきなのが副作用の存在です。

ミノキシジルによる「かゆみ」の副作用

実際に副作用を訴える人は1割未満とまれなケースです。

だからこそ副作用が起きた時にミノキシジルとの関連があると冷静に判断できるようにある程度理解しておく必要があります。

そしてミノキシジルの副作用の中で最も覆いと言われているのが「かゆみ」です。

内服薬ではなく外用薬として使用した場合に起きる事が多いと言われています。

これはミノキシジルの中に含まれている成分が頭皮に対して、一種の炎症反応やアレルギー反応を起こします。

結果、見られる症状だと言われていて、他の副作用も併発する事があるので注意が必要です。

かゆみ以外のミノキシジルの副作用

ではかゆみ以外にはどのような副作用があるのかと言うと、他にもよく見られているのが頭皮のかぶれや湿疹です。

これも一種の炎症反応やアレルギー反応として見られる症状です。

ミノキシジルの含有量が多ければ多いほどこのような副作用が見られる事が多いと言われています。

症状が出てきたら直ぐに中止し医師に相談を

注意しておきたいのがかゆみやかぶれ・湿疹などが起きた場合は症状に我慢できずに掻き毟ってしまうと言う人も多いでしょう。

そこから化膿性の皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの本格的な病気に発展してしまう可能性があるというところです。

そのためこのような症状が見られるようになった場合はすぐに使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

また皮膚の症状以外にも眠気やけだるさ・頭痛や体重増加・むくみなどの副作用が見られる事もあるようです。

これらの症状が全てミノキシジルの副作用と言うわけではないので過敏になって考えないようにすると言う事も大切です。

特に女性が利用する場合には注意が必要

ミノキシジルは実は元々副作用や影響が強い薬として知られていることから使用する場合には注意が必要です。

状態によってはミノキシジルの使用を控えた方が良いということも少なくありません。

妊娠授乳期はミノキシジルが悪影響を及ぼす

その中でも一番注意しておきたいのが女性で、特に妊娠授乳中の場合は使用しない方がいいと言われています。

と言うのも前述したようにミノキシジルは強い影響力がある薬です。

妊娠授乳中に使用することによってその影響が女性本人だけではなく、胎児や乳児にも及んでしまうと言う可能性があるのです。

特に妊娠中の場合は胎盤を通じて胎児にミノキシジルの成分が届いてしまうという事もあるので、何らかの悪影響を及ぼしかねません。

ほかにも妊活中であれば男性が使用すると精子の働きに悪影響をきたす可能性もあると言われています。

妊活中の場合も出来るだけ使用しない方がいいでしょう。

❏こちらの記事も人気があります

1

男性型脱毛(AGA)の治療は世間でも良く知られるようになってきました。 脱毛にはAGA以外にも円形脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症とあります。 AGA治療に使用され育毛効果の高いミノキシジルは他の種 ...

2

リアップは、数ある育毛促進効果のある製品の中でも、壮年脱毛症に効果が認められている唯一の製品とされています。 その主成分となっているのが「ミノキジル」です。 今回はそのリアップシリーズについて説明しま ...

3

成人男性に多い薄毛といったらAGAが有名です。 近年非常に解明が進み、AGAによる薄毛のメカニズムが明らかになってきています。 早い人では20代や30代から発症が始まるAGAですが、正しい知識を身に付 ...

-ミノキシジルの副作用

Copyright© ミノキシジルの育毛効果を検証|ミノキシジルで薄毛予防するには , 2018 All Rights Reserved.