AGAとは具体的に何か?ミノキシジルはAGAに効く?

生え際や頭頂部は薄毛になりやすい部分です。

同時に、回復が難しいのもこれらの部分なのですが、有効な対処法を取り入れることで育毛ができる可能性がアップします。

そして中でも有効とされるのがミノキシジルなのです。

どのような働きがあるのかここで解説をしてみましょう。

回復の難しい薄毛への対策法

そもそもの薄毛になってしまう理由とは?

生え際がM字型に薄くなることや頭頂部の地肌が目立ってきてしまうのは、そもそもどのような原因があるのかと言えば、大きく関係しているのがAGAという脱毛症です。

これは男性型脱毛症のことで男性に関連が強い症状です。

 

男性ホルモンの働き

そして根本には悪玉の男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンには脱毛を促進する側面もあり、その影響によって育毛サイクルが乱れ、結果的に薄毛を引き起こしてしまうのです。

 

生え際と頭頂部が薄毛になりやすい

そして特に影響を受けやすい場所なのが、生え際と頭頂部です。

これらの個所には脱毛物質が高濃度に存在していますので、顕著に薄毛の症状が現れてしまいます。

片や側頭部や後頭部は影響を受けにくい場所となっているため、薄毛になってしまう可能性は低いのです。

 

ミノキシジルが有効な理由

薄毛への対策としてはミノキシジルが効果的とされています。

これは病院でも薄毛治療に用いている成分であり、また市販の育毛剤にもミノキシジルを含むものが存在します。

 

医学的にも実証されている成分

ミノキシジルの効果が高い理由は強力に血管を拡張させる作用を持っています。

それによって血流量をアップさせて毛母細胞の働きを活性化させることができるのです。

その有効性は医学的にも実証しており、数少ない育毛ができる成分として治療の現場でも活用され、実際に高い回復率を誇っているのです。

 

AGA対策でもミノキシジルはおすすめ

優れた効果を持つ育毛成分ですのでAGA対策としても最適とされています。

その他の育毛成分では効果を感じなかった時にも、ミノキシジルを試してみるのが良いと言えるでしょう。

 

ミノキシジルだけに頼らない

ミノキシジルは育毛成分の中でもトップクラスの優れた働きを持っていますので、人によっては十分な効果を得られることがあります。

ただ、注意したいのが脱毛のレベルによっては力不足になってしまう可能性があることです。

 

悪玉の男性ホルモンの影響

前述したように悪玉の男性ホルモンの影響を受けて脱毛が発生します。

その悪玉の男性ホルモンの力が強過ぎてミノキシジルだけでは回復力が足りない可能性があります。

しかし、より効果をアップさせるための方法もあり、それは悪玉の男性ホルモンを抑制するための内服薬とミノキシジルを併用することです。

 

ミノキシジルと内服薬の併用で育毛を促す

つまり内服薬で脱毛を抑制しつつ、その上でミノキシジルで育毛を促すという構図になります。

ダブルで対策をするのがさらに効果的な対策法であり、現に病院での治療の際にもセットで処方されることが多いのです。

 

AGAの特徴と対策方法

AGAとはそもそも何か

男性の薄毛が進行してしまう理由としてしばしば挙げられるのがAGAです。

AGAとは男性型脱毛症であり、成人男性の約1割がこれによって薄毛になっているとされています。

 

テストステロン→ヒドロテストステロン

AGAは男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されます。

頭皮に蓄積して育毛を妨げてしまうことにより発症すると解明されている病気です。

遺伝的な要因やストレスなどの外的要因によってAGAが発症してしまい、だんだんと進行してしまうことが知られています。

 

気つけば直ぐに対策を始めよう

もしAGAの症状が見られたときにはクリニックで治療を受けたり、適切な薬を使って治療を行ったりするのが重要になるでしょう。

比較的ゆっくりと進行していくので、気づいたときに対策を始めれば改善できる可能性があります。

 

パターンによって分けられるAGA

AGAは進行のパターンによって分類が行われています。

薄毛の進行パターンとして頭頂部からだんだんと広がっていくというパターンが代表的です。

また、額の髪の生え際からだんだんと髪が薄くなっていって後退していくというパターンもよく見られます。

 

AGAは前頭部から広がってくる事が多い

この前頭部から広がっていくパターンはAGAとしては典型的なものであり、まずAGAが原因だと疑われるものです。

また、前頭部から頭頂部へと広がる混合型で進行することもあり、人によって特徴的な進行の仕方をするので注意しなければなりません。

 

女性のびまん性もあるがAGAの原因は低い

この他にもびまん性と呼ばれる全体的に髪が薄くなっていく症状もあり、女性に多く見られています。

びまん性の脱毛についてはAGAが原因であることは少ないのが特徴です。

このため、AGAを疑うときには頭頂部と前頭部をよく観察することが重要になります。

 

ミノキシジルによる対策の効果

ミノキシジルはAGAの治療に用いられる成分であり、タブレットやローションとして使用することができます。

これはどのパターンで進行するAGAに対しても有効性を期待できるのが魅力です。

 

ミノキシジルは混合型に効果が良い

特に前頭部から頭頂部へと広がっていく混合型の場合には他の種類の成分を使用するよりも高い効果が得られるでしょう。

前頭部で髪が後退していくのはデヒドロテストステロンの影響が大きく、他の薬でも進行を止めることが可能です。

 

ミノキシジルで頭皮の血行を改善

一方、頭頂部での薄毛は血行不良の影響が大きいことが知られています。

ミノキシジルは頭皮の血行を改善することによってデヒドロテストステロンを除去しつつ、栄養供給を行えるのが特徴です。

そのため、前頭部にも頭頂部にも効果的に働きかけることができ、頭頂部でも前頭部でも育毛を促せます。

ミノキシジルはAGAには広く対応できるのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.