ミノキシジルでAGAによる抜け毛を防ぐ!

成人男性に多い薄毛といったらAGAが有名です。

近年非常に解明が進み、AGAによる薄毛のメカニズムが明らかになってきています。

早い人では20代や30代から発症が始まるAGAですが、正しい知識を身に付けておげば慌てることなく予防や治療に繋げることができるでしょう。

 

AGAによる薄毛のメカニズムとは

AGAの原因は遺伝と男性ホルモン?ミノキシジルの機能とは

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称で男性型脱毛症といわれるものです。

原因の1つとして男性ホルモンと遺伝があることが判明しています。

 

育毛抑制作用物質が抜け毛の原因に

男性ホルモンの1つテストステロンが、頭皮の毛穴深部にある還元酵素5aリダクターゼと結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)を代謝します。

DHTが毛髪の根元にある男性ホルモン受容体と反応するとTGF-β1という強力な育毛抑制作用物質を作り出し、これが抜け毛の原因になるのです。

 

ミノキシジル=育毛効果

還元酵素の活性度や男性ホルモン受容体の感受性には個人差があり、遺伝によって体質として受け継がれます。

ミノキシジルは、もともとは血管拡張剤として使われていましたが、毛根の血管を拡張する作用によって育毛効果が認められています。

 

AGAの改善に血管拡張が有効なワケ

そもそも毛髪は、毛穴深部にある毛乳頭によって作られます。

毛細血管が運んできた栄養を使う事で毛乳頭が毛母細胞を増殖分裂させて、毛髪を育成していくのです。

 

AGAは成長期が短くなり抜けやすくなる

正常な場合では2~6年ほどかけて毛髪は成長し太くコシのある硬毛になります。

その後成長が止り毛乳頭と毛髪の結びつきが弱まる退行期に入って、抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。

ところがAGAでは育毛抑制作用物質の影響で成長期が短くなり、充分に育つ前に成長が止まり退行期に入ることが原因で抜け毛が起こります。

 

ミノキシジルで栄養を補給し成長を促進

頭皮の血行が悪いと、毛細血管から毛乳頭に充分な栄養を送れません。

しかしミノキシジルによって毛根の血管が拡張すると、毛乳頭にたくさん栄養が送られるため育毛に効果があると考えられます。

 

育毛に効果的な頭皮ケアを取り入れよう

薄毛のメカニズムを知ると、頭皮の血行が育毛に重要だと言う事がお分かりになるでしょう。

頭皮の血行促進には頭皮マッサージが有効です。

 

頭皮を掃除する=育毛に繋がる

頭皮にキズを付けないよう爪を立てずに丁寧にマッサージしてください。

また頭皮の健康を保つためには適切なシャンプーも大切です。

皮脂や汚れを溜めないようにし充分にすすいで乾燥させましょう。

 

良質なタンパク質、サポート役の亜鉛

毛髪はケラチンというタンパク質で出来ています。

育毛にとって毛髪を作る栄養は不可欠ですので、良質のタンパク質を摂るように心がけましょう。

タンパク質の合成をサポートするための亜鉛も積極的に食事に取り入れることをお勧めします。

頭皮の血行が良くなりミノキシジルによって血管が拡張すれば、摂取した栄養をたっぷり毛乳頭に届けられるでしょう。

 

薄毛の原因の一つはジヒドロテストステロン

薄毛の原因は複数ある

AGA(男性型脱毛症)としての薄毛の原因は複数あります。

原因の筆頭は遺伝要因で、母方の祖父が薄毛の場合、その薄毛の遺伝子を受け継ぎやすいとされます。

原因の第2は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンです。

 

ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンに対し、体内にある還元酵素5αリダクターゼが結合してできる物質で、毛乳頭細胞に作用して脱毛効果を発揮します。

テストステロンは男性にとって必要なホルモンですが、ジヒドロテストステロンは必要ではありません

5αリダクターゼの活動を抑制することで、ジヒドロテストステロンの生成を止めることができます。

 

発生を止めて、脱毛作用を抑制

ジヒドロテストステロンの発生を止めることができれば、不必要な脱毛作用も抑制できます。

5αリダクターゼの活動を抑制する薬剤としては、フィナステリドなどがあります。

薄毛の原因は他にもあり、ストレスによる血行不良、運動不足による血行不良、脂肪分の多い食事による血行不良などがそれです。

 

薄毛対策の基本は血行不良の改善

薄毛の原因は大きく分ければ、遺伝、ジヒドロテストステロン、血行不良の3種類です。

遺伝が原因の場合は、根本対策はないため代替的に血行促進対策で対処します。

脱毛を促すジヒドロテストステロンの生成を抑制するには、フィナステリドに代表される薬剤があります。

 

ミノキシジルで育毛をを促進

様々な原因から来る血行不良の改善には、毛細血管拡張作用のあるミノキシジルが効果を発揮します。

ミノキシジルは、外用薬として使用し薄毛状態になって弱った毛母細胞に対し、毛細血管を通じて血液をより多く送り込み、毛母細胞を活性化させて育毛を促進します。

 

ミノキシジルは薄毛状態で効果が発揮

ミノキシジルは、薄毛状態であれば効果を発揮しますが、毛が完全に抜け落ちて毛母細胞が死滅していれば効果がありませんので早めに用いることが大切です。

毛母細胞が死滅していると、植毛などの再生医療に頼る以外に方法がなくなります。

 

ミノキシジルの効果的使用法

男性ホルモンが薄毛の原因であれば、ジヒドロテストステロンへの対策が功を奏し、幅広い原因への対策としてならミノキシジルの効果を期待できます。

 

ミノキシジルは、使い続けるのが原則

ミノキシジルは、頭皮の下の毛細血管を一時的に拡張して、血行促進作用にとどまるためミノキシジルの使用を中止すれば、薄毛状態に戻る可能性があります。

従って、ミノキシジルは使い続けるのが原則です。

 

日本ではミノキシジルの内服薬はありません。

ミノキシジルは、日本では外用薬としてのみ認可されていて内服薬はありません。

しかし、海外には育毛剤としての内服薬があって個人輸入も可能です。

ですが、内服薬は副作用が強く出ますので、低血圧や血液循環器系の持病がある人は全く使用できません。

 

外用薬でも副作用が出る場合もある

外用薬であれば安全性は高くなりますが、この種の持病がある人は安全のため事前に薬剤師や医師に相談してください。

ミノキシジルは、医師による処方薬ではなく普通に薬局で買える市販薬ですから気軽に使えるのですが、自分で副作用のことも考えておかなければなりません。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.