ミノキシジルの効果と種類と育毛のポイント

薄毛対策としてミノキシジルを使うときには種類を選ぶ必要があります。

どのような種類のものが流通していて、使ったときに違いがあるのかをよく確認した上で選ぶようにしましょう。

ミノキシジルは好みに応じて使い分けることができます。

 

ミノキシジルの種類と効果の違い

二種類あるミノキシジル


ミノキシジルは頭皮で作用することによって血管の拡張を引き起こすと共に、毛母細胞に働きかけることで毛髪の成長を促すとされています。

血管の拡張によって血流を向上させることもできます。

そのため、ミノキシジルは効果的に栄養や酸素などの細胞を増やすのに必要なものを送り届けられるようになるのが特徴です。

 

ミノキシジルの種類の効果を理解する

ミノキシジルを作用させるためには頭皮に到達させなければなりません。

そのために開発されてきた製品には大きく分けると二種類あります。

一つが頭皮に塗って使用するローションタイプであり、もう一つは内服で使用できるミノキシジルタブレットです。

この二つに含まれている成分は同じですが、それぞれの作用の仕方には少し違いがあるので区別して利用しましょう。

 

ミノキシジルローションタイプの特徴

ミノキシジルのローションは頭皮に直接作用させられるのが特徴です。

育毛させたい頭皮に塗って経皮吸収によって効果を発揮させます。

そのため、頭皮部分での濃度を高くできるのがメリットであり、比較的低濃度のローションであっても高い効果を期待することが可能です。

 

ミノキシジルのローションは副作用が少ない

また、ミノキシジルは頭皮でだけ作用するわけではなく、身体中で毛を伸ばす作用を示してしまうリスクがあります。

もともと血圧を下げる効果があるということから医薬品としての開発が進められてきました。

ミノキシジルが全身で作用させると低血圧のリスクもあるのは確かです。

頭皮でだけ高濃度にして利かせられるローションはこのような副作用が少ない点でも優れている製品になっています。

 

タブレットタイプの特徴

ミノキシジルタブレットは口から飲んで腸から吸収させることによって体内にミノキシジルを入れるのが特徴です。

その中の一部が頭皮に届いて育毛作用を示すということになります。

 

ミノキシジルがある限り効果が持続

全身に対して作用してしまうという面はあるものの、確実に吸収させることができます。

そして、全身の血液中にミノキシジルがある限りは少しずつ頭皮に運ばれていって効果が持続するのがメリットです。

 

タブレットタイプはデメリットを把握しよう

ミノキシジルタブレットタイプは気軽に飲むだけで良いのは育毛を続けていきたいという人にとって魅力的な点でしょう。

ただ、全身での副作用が起こりやすいというデメリットはあるので一度使用して自分に合っているかどうかを確認する必要があります。

副作用の問題が発生しない人には便利なのがミノキシジルタブレットタイプです。

 

ミノキシジルの内服で行う育毛のポイント

内服できるミノキシジルタブレットの飲む量

ミノキシジルを内服で使用して育毛を行っていくときにはミノキシジルタブレットを利用することになります。

ミノキシジルタブレットには2.5mg、5mg、10mgの三種類があり、どれも一日一回または二回の服用が標準です。

飲む量については個人に合わせて設定していくことになります。

 

ミノキシジルタブレットは少量からスタート

効果的な量として推奨されているのが一日5mgであり、2,5mgを二回に分けて飲むか、5mgを一回で飲むかを選ぶことになるのが通常です。

AGA専門クリニックに行くと実績や経験から判断してどちらが良いかを進めてくれるでしょう。

また、ミノキシジルの飲む量は少なめから始めて副作用が出るかどうかを確認し、効果がないなら増量するという形を取るのが一般的です。

 

飲むタイミングは厳密に考える必要なし

ミノキシジルの飲む量は厳密に考える必要があり、飲みすぎると効果があまり増えないのに副作用ばかりが出てしまうことがあります。

しかし、飲むタイミングについてはそれほど厳密になる必要はありません。

 

ミノキシジルの効果を高くするために

一日一回または二回飲むということだけを考えておけば、身体の中に入っているミノキシジルの量をある程度はコントロールできるからです。

ミノキシジルをより効果を高くしつつ副作用も減らそうと考えたら一日一回なら24時間ごと、一日二回なら12時間ごとが望ましいでしょう。

 

一番は飲み忘れ内容にするのがポイント

夜の方が体内での代謝が活発になりやすいので、ミノキシジルを夜に飲むという方法を勧められる場合もあります。

食前でも食後でも問題はなく、就寝前でも飲むことが可能です。

飲み忘れをしないことの方が重要なので、自分でリズムを作って飲めるタイミングを決めて飲むようにするのが最も良い方法です。

 

個人差が多い服用期間

服用期間についてはミノキシジルの効果が出やすい体質かどうかで大きく左右されます。

効果が出るまでに二週間から三週間程度しかかからない人もいれば、一年近く経ってから効果が出てきたという人もいるからです。

これは二つの要因から生じているばらつきと言えます。

 

ミノキシジルは血行不良の方に高い効果

ミノキシジルは血行を改善する効果が大きく、もともと血行不良だった人にとっては高い効果が期待できるでしょう。

それが原因だった人の場合には速やかな改善が認められるのです。

毛母細胞を刺激して育毛を促す効果もあるので、それとの相乗作用が見られる人の方が短期間で効果が出やすくなります。

 

生活習慣が規則正しいか

もう一つは他の育毛の努力をしているかどうかの影響です。

食事に気を使ったり、運動の習慣や十分な睡眠を取る習慣を作ったりすることによって努力をすると効果が出るまでの期間が短くなりやすいでしょう。